占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


 別れるために、出会った二人

幸せになる恋愛論不倫・浮気

別れるために、出会った二人

恋愛論 コラムニスト:

C.S.E プロダクション 所属

由利珠貴先生

既婚者を好きになりやすい星の下に生まれてくる人もいます。
前世恋人だった人と、結婚してから出会ってしまう人だっています。


だから不倫で苦しんでいる人に向かって、不倫はいけないと頭ごなしに否定してしまうことは私にはできません。
それぞれのケースで、それぞれの事情があります。カルマがあります。
解消しなければならないカルマのために、出会わされているケースもあるのです。

それでも不倫ですから、ある程度の大人であれば、そこに踏み込む前にまずは葛藤が生じますよね。
いくら前世からの深い縁で、出会った瞬間から強烈に惹かれあってしまったとしても、人間には理性というものがあります。

理性の力で踏みとどまって、恋愛感情を封じ込めてしまうことだってできます。
そして封じ込めたまま、一生その想いに蓋をしてしまえる人もいます。


人は、星に支配されるだけの存在ではありません。
既婚者を好きになりやすい運勢を持って生まれてきた人でも、前世恋人だった人と結婚後に出会ってしまった人でも、意志の力によって、湧き出てくる煩悩を抑え込むことは可能です。
そしてそうすることが、前世の悪しきカルマを刈り取ることにつながる場合だってあるのです。

でも、どんなに意思の強い人でも、人間ですから、一瞬の心の隙はありますよね。
普段だったら抑え込める欲望や情熱が、ちょっとした油断や心の疲れなどにより、コントロール不能になってしまう夜だってあります。
どうせうまくいくわけはないと、無邪気に恋心を告白していたら、まさかの両想いで、期せずして不倫関係に突入してしまった女の子がいます。
自他ともに認める愛妻家で、絶対に道を踏み外さないと思っていた彼が、彼女に見せたほんの一瞬の揺らぎ。
それを彼女は拒むことができませんでした。
夢みたいで嬉しくて、なにも冷静に考えられないまま、流されるように彼の情熱を受け止めてしまったのです。

いくら割り切ったようなことを常日頃言っていても、「自分は理性的だから溺れることはない」と断言していても、実際に抱かれてしまうと、女性というのは厄介なもので、理屈では片づけられない感情が湧き出てきてしまいます。
男性にとっては一瞬の過ちで忘れたい行為でも、女性にとっては生涯の思い出になってしまうことだってあります。
触れられる前と後とでは、相手に対する愛情が思った以上に深まってしまって、慌ててしまうことだってあるのです。

そういう関係になって、女性が想いを募らせて苦しんでしまった場合、それを相手の男性がどう受け止めるかで、その後の女性の苦しみ方はまったく変わってきます。
その想いを自分の責任としてしっかり受け止めて、一緒に苦しみもがいてくれた場合、女性の方もある程度のところで納得します。
そして少しずつ気持ちの整理を始めて、相手のために自ら身を引く決断をすることもあるでしょう。
一度きちんと受け止めてさえもらえれば、女性は賢いですから、理性的な判断が下せるようになるのです。

でも、相手が逃げの姿勢に入ってしまった場合、女性の気持ちは宙ぶらりんになってしまいますよね。
それでも元が不倫で、合意の上での共犯関係ですから、泣き寝入りするしかなくなります。
逆上して不貞の事実を周囲に暴露したり、相手の家庭を壊そうなどと思う女性は、実はそんなに多くはありません。
大抵は一人傷つき、苦しみに耐えることになるのです。



不倫相手と、実際に結婚できる人はごくわずかです。
そしてその後、幸せに添い遂げられるカップルもごくわずかです。

出生図に、不倫相手と結婚する暗示が出ている女性ならともかく、大抵は、別れが待っています。

どんなに相性が良くても、価値観が似ていても、一緒にいて安らいでも、結婚できない相手って、いるものなんですよね。

特に、結婚して10年とか20年経つ男性が相手だった場合は、彼が離婚してくれる確率はかなり低くなります。
それだけ長い間人生を共にしている伴侶なら、もう家族同然になっていてもおかしくはないからです。
奥様に対する恋愛感情がとっくに失われていたとしても、長年そばにいて支えてくれた女性に全く愛着がない、なんてことはまず考えられません。
そんな得難い存在を捨てるなんて、普通はできなくて当たり前なのです。
たとえどんなに、あなたに恋をしていたとしても。

でも、意思が強かった彼のほんの一瞬の揺らぎを、自分の身体に受け止められたこと、彼が弱っていた時期にそばにいて、慰め支えることができたこと、瞬間の熱情を、2人でわかちあえたこと、長い人生の中で、それらは奇跡のような幸せな時間だったのではないでしょうか。

彼のことを恨んだり、執着したりするのは、その幸せだった時間を汚してしまうことになります。
ネガティブな思いは全部手放して、それらの愛しい記憶だけを、大切に胸にしまっておけたらどんなに素敵なことでしょう。
なにかの折に取り出して、二人の思い出をそっと眺める時、きっと彼もあなたのことを想いだしているはずです。
幸福だった、甘く苦い思い出として。

カテゴリー:不倫・浮気

コラムニスト|由利珠貴先生のプロフィール

今まで一人一人丁寧に、心をこめて鑑定させて頂いてきました。
文章を書くのが好きで、長文作成も全く苦になりません。
少々社交下手なところがあり、対人鑑定は避けてきたのですが、人間は好きで、人にものを教えるのも好きです。
今後は色々挑戦していきたいと、思っています。

 由利珠貴先生のプロフィール詳細・記事一覧を見る

≫ presented by CSEプロダクション

不倫の苦しみや浮気の悩み・不安から抜け出しませんか?

「不倫の苦しみ」や「浮気の苦しみ」は人それぞれ違っても、関係が続けば続くほど深くなるものです。

「ただ楽しむ関係」のはずが関係を深めることでブレはじめ、「相手との未来」という発展した考えが、やがて自己嫌悪になって襲い掛かってくる。という事例も多いです。

人は不倫の苦しみや浮気の不安を感じ始めると、何かを選択して苦しみを終わらせたくなります。

「発展」「現状維持」「終わり」どれを選ぶか…。しかし、浮気・不倫の苦しみを感じている人の心はそう単純ではありませんよね?

どの選択肢を選んでも後悔はしたくないはずです。
家庭を壊して幸せになれるのか、世間体は?相手の心変わりは?結局のところ考えはまとまらないでしょう。

悩み続けて不倫の苦しみや悲しみを深くするよりも、一度不倫や浮気の相談に強いプロの占い師にその原因をこっそり相談して解消・または改善してみませんか?

現状をまとめたり、問題点を紐解いてみることで、どうすれば幸せな関係になれるのかがわかってくるはずです。

≫ 不倫・浮気でお悩みの方はこちら

不倫や浮気でお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。