占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


泣くのはどっちだ?

恋愛論 コラムニスト:

C.S.E プロダクション

編集部



男女がいれば何が起こるか・・・恋愛。

独身とか、彼氏や彼女がいなければなんの問題もない。

むしろおめでたい事。

でもそれが結婚してたら?彼女や彼氏がいたら?

浮気とか不倫とか言われる。

あまりよくない事の認識。



男が浮気する時に理由など無い、らしい。

悪いこととか、彼女のこと妻のことは頭に無い。

ただただ、目の前にある美味しそうなご馳走に突っ走りかぶりつく。

女が浮気する時は、相手に不満がある時、淋しい時など。

男女の思考回路の違いである。

中国の思想で森羅万象のものは、陰と陽に別けられる。

男と女も例外ではない。

男は陽、女は陰に別けられる。

「陽」の性質は、社会的なところに意識を置く。

「陰」の性質は、自分の内側に意識を置く。

男は、社会的なところに意識を置き、腹がすいているなら

ハングリー精神を発揮し腹を満たすように頑張るのだ。

つまり性的欲求を起こしたとき、そこにタイプの女性がいると衝動的に食いつく。

というところなのであろう。

それでは女は?というと自分の内側に意識を置く「陰」は

相手に不満を持ったり淋しくなると、それを埋めるべく

幸せを求めて男を求めるのだろう。

単純に体を求めて浮気する男と精神的な満たしを求めて浮気をする女。

精神構造は、正反対なのである。

そりゃぁ、男の気持ちは女に分るはずも無く、

女の気持ちは男に分るはずも無いのである。

だからじらされて、面白いのかな。

つまりよく分らないものだから惹かれあうのだろう。

男女の問題は、昔昔から脈々と続き同じことを繰り返している。

そう云えば、百人一首は全て好きだの、私の家に来ないだの、

あそこの小屋でエッチしたいだのという恋の歌だそう。

エッチ、秘め事を品よく文学的にするとああなるんだな(笑)



さてこれだけ男女の考えは違うもの。

なぜ?とか云ってもそんなの決まりごとだモノ。

宇宙的法則ってヤツ。

どうにかしようとしても無駄だから、長いものにはさっさと巻かれて

肯定的に考えた方がお利巧というもの。

肯定的にとっても、浮気や不倫を奨励するものではない。

男は浮気するもんだとして当たり前の生き物だと認めてしまった方が楽になる。

伊達に信じているから、腹も立つし、ショックも大きい。愛情は信じていいけど、その手の事は信じてはいけない。女も相手に不満があったら浮気しちゃってもいいと思う。

極端な話。

ただ、何事にも品格とルールは必要。

私が思うに、男は浮気しても不倫してもしっぽを出してはならず。

白状するべからず。

いついかなる時も、「君だけだ。」と信じさせる!

これを信じさせてくれたら、私はいいな~。上手に騙して欲しい、死ぬまでよ。

知らぬが花、言わぬが仏。

でも、何でもホントのことを知りたがる女がいる。

「なんでも正直に言って欲しいッ!嘘は嫌、馬鹿にされてるみたいじゃない!」

可愛そうだと思う。だって幸せになれないよ。

真実ほど残酷なことはないんだから。

ってことを知らないから、「嘘は嫌」とか言うんだろうな。

つまりは、泣かされたこと無いんだろう。

私はよく泣かしもしたし、泣きもしたから今は平穏にラブラブしたいのだ。

ホントに疲れちゃうから。疲弊ですよ、疲弊。徒労ですよ、徒労(笑)

ところで女が浮気しても、しっぽを出さないから分りにくい。

そういうところが女のずる賢いところ。

すぐ吐露しちゃうのは男の可愛いところだけど、裏目に出すぎ。



陰と陽があるものは、これで1つなのだ。

例えば太陽(陽)と月(陰)があって1日。

男と女で人間だから。

でも人間同士なのに男と女はお互いに理解しにくい。

なぜか、つまり役割分担が違うのだ。男と女では。

男は、社会に出てハングリーに論理的対処して上下関係に従いながら働く。

女は、家を守り繊細に気働きをさせる。夫の健康管理に気を遣ったりして。

だから男と女は違うのだ。

というのが、昔からのスタイル。

今は少し違う・・・

まず、草食系男子の出現。

バブル期以降からデビュー。

続いて、肉食系女子の出現。

これもバブル期以降からデビュー。

男女逆転の時代到来?

これも陰と陽の絶妙な適応力とバランス力。

女(陰)は、満たされた状況で本来の強さと実力を発揮する。

男(陽)は、満たされない状況でハングリー精神を発揮して無から有を作り出す。

今の日本は無いものは無い、満たされている。だから女の時代なのだ。

でもまた、何かの理由で物もお金もなくなっちゃったら肉食系男子が増える(嬉)

電車の中で若いカップルが私の前に立っていた。

22、3歳くらいの女の子がボーイフレンドを「お前」と呼んでいた。

そのボーイフレンドは、特に逆らう様子もなく話を進めていた。

しかも、説教を食らっているようだった(驚)

40代の私にはカルチャーショックだった。

そういえば私の同級生は、奥さんに「お前」と呼ばれているそうだ。

彼は、もちろん快く思っていないけど、もういいのだそう。

昔は浮気なんて男だけのものという感じだったが、最近ではナンセンス。

肉食系女子が浮気とか不倫とかしたら、結構派手にやるんだろうな。

どう派手なんだかは、見当が付かないけど。

男がやることよりも勢いとかスケールが違ったりして。

よく分らないけど。

私、どちらかと云えば肉食系女子だけどライオンとか豹じゃなくて

ハイエナ系だから(笑)

カテゴリー:不倫・浮気

不倫の苦しみや浮気の悩み・不安から抜け出しませんか?

「不倫の苦しみ」や「浮気の苦しみ」は人それぞれ違っても、関係が続けば続くほど深くなるものです。

「ただ楽しむ関係」のはずが関係を深めることでブレはじめ、「相手との未来」という発展した考えが、やがて自己嫌悪になって襲い掛かってくる。という事例も多いです。

人は不倫の苦しみや浮気の不安を感じ始めると、何かを選択して苦しみを終わらせたくなります。

「発展」「現状維持」「終わり」どれを選ぶか…。しかし、浮気・不倫の苦しみを感じている人の心はそう単純ではありませんよね?

どの選択肢を選んでも後悔はしたくないはずです。
家庭を壊して幸せになれるのか、世間体は?相手の心変わりは?結局のところ考えはまとまらないでしょう。

悩み続けて不倫の苦しみや悲しみを深くするよりも、一度不倫や浮気の相談に強いプロの占い師にその原因をこっそり相談して解消・または改善してみませんか?

現状をまとめたり、問題点を紐解いてみることで、どうすれば幸せな関係になれるのかがわかってくるはずです。

≫ 不倫・浮気でお悩みの方はこちら

不倫や浮気でお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。