占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


 大好きな人との結婚!なのに不安なのはどうして?

幸せになる恋愛論結婚・離婚

大好きな人との結婚!なのに不安なのはどうして?

 コラム執筆者/ラケシス先生  

数ある出会いと別れの中で、やっとこの人!
って思える人に出会い、今度こそきっと大丈夫って信じあえるようになるまで沢山の涙と衝突と、共感と励ましあいを繰り返し、その中で唯一無二と思える関係になれたという証、それが結婚であり、夫婦になるという事!

・・・だと思いたいのですが、相手も同じ気持ちで結婚を決意してくれたんでしょうか?それとも、こう考えてるのは私だけで、本当は相手は「人生の墓場」って考えてるのでは?先生、相手の気持ちを占ってください!

こういった相談も過去に何度か受けて来ましたが、不思議ですね?本来であれば、占いや誰かの背押しが必要無い程、相手への信頼や絆、愛情を確認しあった先で訪れる、最初のゴールインである筈の結婚の筈が、まだどこか不安で、相手の言葉より、共に過ごして積み重ねた実際の時間より、占いで示される結果やアドバイスの方が安心する人が多いようです。

ですが、ほんの少しでも不安を感じる場合には「結婚を決断すべきタイミングじゃない」のです。勿論、女性は子供を生みたいと願った場合にどうしても、年齢的な部分で焦りを覚えたり、焦りがあると冷静に相手に向き合ってく事が出来なくなりますから、不安にもなるのです。それは、自分がきちんと相手に向き合えてない事を理解してるから、相手も自分に対してまだ隠してる不安があるんじゃないかとか、本当はまだ結婚しないで自由にやりたいんじゃないかとか、考えて不安になるのです。



ポイントその1「「相手に真正面から向き合いきれてない状態で築かれる絆とは?」」

どこか、相手に真正面から向き合いきれてない状態で築かれる絆や関係というのは、実際の所一番重要な部分が殆ど築かれない場合が殆どです。重要な部分=相手の心と言葉を全面的に信用できる信頼感、ですね。この相手を逃したら、すぐ別の異性と繋がれる保証もない中で、子供が生めない年齢になってしまったら本末転倒だという思考から、不安要素が拭えない相手を必死で繋ぎとめておく女性も、中にはいらっしゃいました。

こうして文章に書き出していきますと、解りやすいと思うのですが・・・、不安要素のある相手を子供ほしさ繋ぎとめ、どうにか結婚にこぎつけた場合のパターンで想像してください。この夫婦の3年後はどうなってると思いますか?

何かの拍子で上手くいっちゃって、幸せになった3年後を思い浮かべた方はいらっしゃいますか?大半の人は、「3年は運良く乗り切れたとしても、相手への愚痴とか外でいっぱい吐き出してそう」な奥様の様子が、なんとなく浮かんで来ませんか?

占いで確認するまでもなく、大半の人が容易に想像できる結末だと思うのです。子供を授かるという目的は果たした筈なのに、幸せとは程遠い結婚生活になってるケースを想像された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ポイントその2「「結婚生活に行き詰った時は最初のきっかけに目をむけよう!」」

結婚生活が上手くいきません、と相談されるクライアントさんのお話を聞いていきますと、大体結婚を決意した気持ちや理由の段階から、違和感を覚えてるパターンが殆どです。結婚という、本来人生最大の幸せに繋がる筈の大きな区切りを、人生の墓場に変えてしまうのは「最初のきっかけ」を蔑ろにしてしまった事が原因という事に気づけないと、土台がグラグラしてる状態なのですから、どれだけ頑張って取り繕ってみても、相手に寄り沿う為相手の意向に合わせるようにしても、なかなか改善出来ないのです。

本当の意味で「永遠の愛」「最後の恋」にしたいのであれば、共に築き上げてく最初のきっかけや時間こそ、何よりも大切にし、全力で向き合ってくべきなのです。結婚したら子供を生みたいと考えてる女性は特に、早い段階から全力で恋をする、それに全力で答えてくれるようになる相手をしっかり探し出しましょう。恋愛は結果の為にする物ではなく、全力で絆や愛情を深め合ってく時間一つ一つに意味があるのです。一緒に過ごす時間、温もりに触れる時間、幸せを感じる瞬間の全てを大切にして欲しいのです。勿論、幸せな時間が続けばそれだけ、終わりへの恐怖や不安が募るでしょうし、手放したくないからこそ、運命の相手なのかどうかを知りたくなるのでしょう。

大切なのは、数ある出会いの中からどうして、その相手と惹かれ合ったのか?どうしてその相手だったのか?という部分なのです。いつか終わる関係なら最初に自分の全てをさらさない方がいい、信じすぎない方がいいのだと、防衛線をはる人も多いですが、防衛線を外さず、他人同士が本当の意味でお互いを理解しあう事は出来ません。感覚や性格や考え方が似てたとしても、相手の心の声が聞こえる訳ではないのですから、普段から見えない部分を、パートナーと決めた相手にだけは見せていく事が大切です。より多く見せ合って、気心も知れて来た後に、結婚なり別れなりを自分達で納得して選んでくのが、恋愛なのです。

ポイントその3「「土台を補強してくと、ちょっと位手抜きしても関係は崩壊しない」」

こうして始まって積み重ねた恋愛の先に待つ未来は、どんな結末であっても決して無駄にはなりません。本当の意味で合う相手がどんな相手なのかを知る事が出来るし、無事結婚した場合には、あ、うんの呼吸でお互いを世界中の誰よりも信用できる、そんな夫婦になれてる筈です。

相手の気持ちが見えなくて不安で・・・といった方は、こう考えてみて貰えますか?貴方が相手の気持ちが見えないのと一緒で、相手も貴方の気持ちが見えず不安に感じてるかもしれないと。そう考えたら、まず自分から心の中を見せてく方法を考えられるようになると思うのです。そしてそれは必ず相手に伝わりますし、相手も本当の心を同じような方法で、見せてくれる筈です。見えない時こそ、相手に心を見せてもらえる方法を探すようにしましょう。そして自分が不安に思う事は、大抵相手も不安に思ってる可能性が高いのだという事を、受け止めていくようにしてあげてください。

コラムニスト|ラケシス先生のプロフィール

幼い頃より個体を持たない存在を感じる事が多く、それを特別な事じゃないと思って周囲に話したところ、学校の教師に病気を疑われ、父からも思いっきり叱られた経験があります。TVゲームや本が好きだったので、現実と物語が頭の中で混ざっているだけだとスピリチュアルの目覚めを否定され、長い間隠していました。しかし、20才の時に1人の占い師と出会い、その占い師の元へ弟子入りした事から占いを与えられ、自信の才能や使命を知り、大きく運を切り開く事が出来、望む物を常に誰かが与えてくれるようになりました。様々な経験から悟りを得た『運命の法則』を元に、与えられた占星術を使って多くの人が望んだままの場所へ辿り着けるように導いていきたいと考え、占い師になる事を決意しました。先生との約束なので師の名は教えられませんが、何かあれば遠慮無くご相談下さいね。

 ラケシス先生の所属サイトを見る

 ラケシス先生のプロフィール詳細・記事一覧を見る

≫ presented by CSEプロダクション

幸せも、苦難も…。結婚と離婚の悩みを占い師に電話で相談してみませんか?

現在の結婚生活に満足していますか?夫婦間、親族間で納得のいかない悩みなどありませんでしょうか?

現在の結婚生活に満足していても、小さな悩みは現れては消え、これを繰り返します。

この小さな悩みが数年後大きな火種になる事をわかっていても、放置してしまい結果離婚に繋がるということもあります。

最適な結婚相手、結婚生活の将来、結婚生活の疲れ、離婚の是非、どうやって離婚するかの悩みなど、

電話占いピュアリは依頼者の幸せな人生への第一歩を全面的にサポート!

現在、話題沸騰の人気鑑定士在籍中。

人生のすべてのお悩みを解決いたします!!

≫ 失敗しない未来の相談はこちらから

結婚や離婚でお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。