占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


相手が熱くならない内は、自分もクールに。軽い手ごたえの場合は軽く、強い手ごたえの場合は強く。

恋愛論 コラムニスト:

C.S.E プロダクション

編集部

今回は片思い・相手の気持ちについて書いてまいります。

片思いについては、なかなか両想いにならないケース、そもそも両想いなのか、片思いなのか分からないというケースがあります。

両想いにできない片思いとは、基本的に苦しいものだと思います。
両想いにしたい片思いしか、存在しないでしょう。

まずは、片思いなのか、両想いなのか、判別する方法について。

残念ながら両想いを判別するといっても、完全に分かる方法は無いでしょう。
しかし心理学的には、ある程度は判別することはできると思います。

観相学的・手相学的にも判別手段は存在するのですが、この記事では控えます。

やはり女性から男性へ送ったメールの返事が少ないなどの場合、相手の男性の気持ちが気になるでしょう。

女性は好きになった男性には、絵文字やデコレーションの凝ったメールをばんばん送りたくなるものです。
とにかく送り付ける。

送ること自体は構わないですし基本的にはOKなのですが、男性としては、あまりに大量のメールを送られると、返事をするのが大変になっていき、困るというケースがあります。

男性は感情のみのメールを送る事は、どちらかというと苦痛であり、女性のようにメールを送って事あるごとに自分に起きた出来事や感情を共有したいという欲求が少ないのです。
少ないというより、無いのです。

なので、両想いであっても、女性(彼女)からの大量のデコメールの送信に閉口する男性(彼氏)は少なくないと思います。
返事に困るからです。
メール対応で仕事に差し障りが出ることも、男性は懸念することがあります。

仕事中にばんばんメールが送られて来て、好きになるどころか、怒ってしまう男性もいます。
いい加減にしろ、と。

ですので、まず片思いの男性について、豪華なデコメールをばんばん送るのは、控えた方が良いでしょう。

重い女性と思われてしまう可能性があります。

まだ両想いにならない前の段階では、軽いメールや挨拶など、軽い対応に終始する方が無難でしょう。
メールに派手なデコレーションはしない方が無難と思います。
軽く行きましょう。



両想いになるために、お相手の男性へのプレゼントも一考ですが、ネクタイやシャツなどは男性にも好みがあります。
女性は好きになった男性を、自分好みにデザインしたい欲求にかられます。
自分のチョイスした服を、彼に着させたい。

しかし、好みでないデザインを送られると、男性も困るのです。
まだ本気になっていない女性から、ネクタイやシャツや靴を送られると、正直躊躇する男性も多いでしょう。

なので、服などのプレゼントはハイリスクであり、私は男性としてあまりお勧めしません。
むしろ、ジュース、お酒、お菓子、食べ物などならば、重くない可能性があります。

すぐ消費できるもの、普段の生活で使ってしまえる物の方が、男性としては受け取り易い
あまり恋愛と結びつかなそうな物の方が良いでしょう。
量もあまり多くない方が良いでしょう。

女性的には、いつまでも持っていてもらうプレゼントの方が好きでしょうが、最初はダメです。

しかし、ターゲットの男性一人だけにいきなりあげるのは、やはり不自然な場合もあるでしょうから、会社内ならば、せいぜい、他の男性社員にお菓子を1つずつあげるけれども、その人にだけは1つ多めにあげるとか、微妙な差別化で行くしかないかもしれません。

あるいは、飲み会でターゲットの男性にお酒をよく注いであげるなど、飲み会やランチで距離を短くする方法が、より現実的かもしれません。

ターゲットの男性に、居酒屋でよく食べ物を取ってあげるとか。
ランチでその男性の隣など近い席に座るとか。
そういった方法での距離の縮め方ならば、自然であり重くなりにくい

そして、一つの原則として、男性は自分からアプローチすることの方が基本的に好きだということです。
女性にあまり積極的に出られるのは、かえって困ることがあるのです。

好きな女性には、むしろ自分からアプローチするのを受けてもらいたい。その女性からアプローチされるなど、恥だと思う男性もいます。

もちろん、相当なマゾで受け身の草食系男子ならば、女性側から力づくで押し倒すこともありです。

しかし基本的には、男性からアプローチできるよう、しやすいように設定してあげる方が自然で上手く行くのです。

女性は、水面下でお膳立てはしてあげて、後は受け身でいるのが理想です。

そして最後に。

上手く両想いになれるよう、盛り上げるコツについて。

一つには、相手の男性の気持ちがまだ確かでない場合、自分がいくら燃え上がっていても、そのままぶち当たってはいけないということです。

相手が本気か否か分からない場合は、まずはおさえて軽く浅く近づく方が無難です。

相手の感触・手ごたえが軽い場合は、自分も軽く。

しかし。

相手も激しく燃え上がっているようならば、逆に自分も燃え上がらないと、かみ合わなくなってしまいます。

相手の感触・手ごたえが強い場合は、自分も強く。

少し話を飛ばしますが、男性の燃え上がっている時間は、必ずしも長いとは限りません。

少し様子見をしようとか、相手の気持ちをもっと確かめたいとか、周囲の目が気になるとか、そういったことで一旦燃え上がった男性について肩すかしを喰らわせることは、あまりやるとその恋愛は失敗します。

男性としては、「一体どうして?」となってしまうのです。
もし男性の心に上手く火を点けたならば、そこで恐ろしくなったり、躊躇して女性が引いてしまうのは、大失敗の元です。

すれ違いは、ここで起きます。

男女ともに、同じトーン、激しさで燃え上がって行くと、恋愛は成就しやすいのですが、片方だけ燃え上がっていると、どちらかが重くなってしまいます

男性は、一旦火が点いたらいきなり突進して来ることもありますので、それは覚悟して火を点けることです。
女性のペースで進めようとしても、男性は本能的にリードしようとするので、大概は女性から見て少し強引にも見えるでしょう。

もし片思いであった相手の男性が急に強引に出て来た場合は、ラッキーと思って引かないことです。
その場合の男性の変化は、急激かもしれません。

必ずしも上のように上手く行くとも限りませんが、タイミングやトーン(激しさ)を誤ると、失敗します。

男性を両想いにさせるべく、女性は水面下で努力し、上手く男性が本気になったら、ある程度は身を任せで主導権を男性に与えることです。

カテゴリー:片思い・相手の気持ち

片思いの悩みや、相手の気持ちを占い師に電話で直接聞いてみませんか?

両思い、片思いのときには相手の気持ちが気になり、自分のことをどうすればもっと好きになってくれるか悩みますよね?

この片思いが叶うのか占いをしたり、相手の気持ちを占いで診断してみたり…。

なかなか一歩踏み出せない辛い思いをしたり、勢いにまかせて行動した結果、予期せぬ失敗を招くこともありますし…。

片思いはとても楽しく素敵な事ですが、叶わなかったり長引けば時に傷ついてしまうこともあると思います。圧倒的な救済率の高さを誇る電話占いピュアリでは、片思いを実らせる恋愛テクニックを丁寧にわかりやすく教わったり、片思いの可能性を占いで出すことができます。

直接顔を合わせる対面鑑定ではないため、表情を読み取ることができません。なので、堂々と今抱え込んでいる悩みを打ち明けることができると思います。

電話占いピュアリであなたの片思いを成就させてみませんか?

≫ さらなる恋愛生活の向上を願うならこちら

片思いや相手の気持ちでお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。