占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


 九星占星術でみる結婚の時期

幸せになる恋愛論結婚・離婚

九星占星術でみる結婚の時期

恋愛論 コラムニスト:

C.S.E プロダクション 所属

風華先生

こんにちは、風華と申します。
私は九星占星術とカラーセラピーを組み合わせた独自の鑑定法で、カウンセリングをしています。

恋愛・結婚についての相談の中で、「もうおつきあいしてから何年にもなりますが、結婚に踏み切れません。」
「相手がなかなか結婚を申し込んでくれなくて…。」
という内容の相談を受けることがあります。

「自分自身の気持ちが結婚に向かっているのに、相手がその気になってくれない…。」

こういったケースの場合、運気的な時期が原因になっていることも考えられるのですね。


先日受けた相談が、まさにそれにあたりましたので、紹介させていただきます。

昭和55年生まれの二黒土星(じこくどせい)の女性からの相談で、相手は昭和58年生まれの八白土星(はっぱくどせい)の男性。

3年くらい前に友人の紹介で知り合い、交際をスタートしました。
その頃の彼は会社を立ち上げたばかりで、逢うたびに彼が夢や目標を語ってくれる事が楽しみになり、いつしか、そばにいて、彼の大きな夢を支えてあげたいと思うようになったとの事。
そして、彼の方からも同じ思いでいる事を打ち明けられたのですが、去年の秋くらいからだんだんと仕事を理由にドタキャンされたり、今年になってからは逢えない事が原因でケンカになったり…。
どうしたらいいんでしょうか? 

という内容でした。

私が鑑定に使用しています“九星占星術”といいますのは、生年月日によって、「一白(いっぱく)水星」、「二黒(じこく)土星」、「三碧(さんぺき)木星」、「四緑(しろく)木星」、「五黄(ごおう)土星」、「六白(ろっぱく)金星」、「七赤(しちせき)金星」、「八白(はっぱく)土星」、「九紫(きゅうし)火星」の九種類の星に分けられます。

そして、その星が九つの宮、「中宮(ちゅうきゅう)」、「乾宮(けんきゅう)」、「兌宮(だきゅう)」、「離宮(りきゅう)」、「震宮(しんきゅう)」、「巽宮(そんきゅう)」、「坎宮(かんきゅう)」、「艮宮(ごんきゅう)」、「坤宮(こんきゅう)」にそれぞれ入っています。
そして「宮(きゅう)」には、それぞれの運勢の傾向があり、2月3日の節分をさかいに一年ごとに宮を移動します。

相談者の二黒土星の女性は、今年は巽宮に入っています。

この巽宮という宮は、今までの努力が認められ、信用や人気、人望が高まる年回りで、仕事や縁談が順調に運び、一つの形になるといわれます。
仕事面は絶好調で、仕事ぶりが評価され、目上の人、上司などからの信用を得たり、部下や周囲からの協力を得られたり、昇格や昇給なども期待できます。
そして、恋愛面でも、縁談がたくさん舞い込んだり、結婚につながるような出会いがあったり、また交際相手との結婚が決まったりなど、好調な一年となりますので、結婚に向けて積極的に行動するとよいとされています。
本人の気持ちも結婚への意識が高まると同時に、周りの人達からの協力も得られ、順調に結婚へと整ってきますし、「物事が整う」、「まとまる」、という意味から、長年交際や同棲をされてきた人達も、この年に入籍するという傾向がありますので、九つの宮の中で、一番結婚に適していると言われているのです。

それに対して、お相手の男性、八白土星は今年「坎宮」に入っています。
この年は、九年間で最もきびしく、悩みや苦労の多い年になると言われています。
いろいろな事が停滞し、ひとつ問題が片付いたかと思うと、また新しい問題が出てきたり、また金銭面においても、思わぬ出費があるなど、資金繰りでも苦労があるとされます。
健康面でも、疲労やストレスなどから体調を崩し、大きな病気につながったりする恐れがあります。
とにかくこの年は、体調管理に気をつけ、大きな決断をしなければいけないことは、なるべく来年以降、運気が良くなってからにされるようアドバイスしております。
彼女からの相談に対しては、
「今、八白土星さんはいろいろと大変な問題を抱えて、ご自分の事、会社の事でいっぱいになっているでしょうから、落ち着くまで少し見守ってあげたらどうでしょうか?」と。

九星での相性は吉ですし、他のお話しを聞いている限りでは、お二人の関係も悪く感じられませんでしたので、お仕事が一段落されると、きっと元通りになることでしょう。

「巽宮」の次に結婚に適している年は、「兌宮(だきゅう)」になります。
今年この「兌宮」に入られているのは、五黄土星の星の方。
この年は、今までの努力が、成果として現れるとされており、「実り」、「収穫」、「収入」につながります。
この年は、「おめでたいこと」、「よろこび事」、「お祝い事」などが多く、明るく楽しい年回りになります。

まれに「離宮」では、生家を離れるという意味合いで、結婚をされる方もいらっしゃいます。
今年この「離宮」に入られているのは、七赤金星の星の方。
またこの宮は、「離」という文字通り、「離別」「離職」などの傾向があり、この年に離婚というケースもあります。
翌年「坎宮」に向かいますので、この年にご結婚を考えられている方は、いつも以上に慎重に行動される事をおすすめします。

ぜひ、ご自身の九星と運気のバイオリズムを知り、運気を味方につけて、良い出会いから結婚につなげていってくださいね。

カテゴリー:結婚・離婚

コラムニスト|風華先生のプロフィール

センセーションカラーセラピスト・上級心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、カラーセラピーより心理状態から導かれる未来と、九星占星術による運勢から導かれる未来を読み解いていきます。そして、今の自分に必要なもの、自分を守り助けとなるものをアドバイスいたします。また個人の資産運用、資産活用、相続問題や経営に関することにつきましても、運勢のバイオリズムとあわせてアドバイスいたします。

現在、“ぴゅあ・らぃと”と“タロット占い風花(かぜはな)”にて、不定期にカウンセリングしております。

 風華先生のプロフィール詳細・記事一覧を見る

≫ presented by CSEプロダクション

幸せも、苦難も…。結婚と離婚の悩みを占い師に電話で相談してみませんか?

現在の結婚生活に満足していますか?夫婦間、親族間で納得のいかない悩みなどありませんでしょうか?

現在の結婚生活に満足していても、小さな悩みは現れては消え、これを繰り返します。

この小さな悩みが数年後大きな火種になる事をわかっていても、放置してしまい結果離婚に繋がるということもあります。

最適な結婚相手、結婚生活の将来、結婚生活の疲れ、離婚の是非、どうやって離婚するかの悩みなど、

電話占いピュアリは依頼者の幸せな人生への第一歩を全面的にサポート!

現在、話題沸騰の人気鑑定士在籍中。

人生のすべてのお悩みを解決いたします!!

≫ 失敗しない未来の相談はこちらから

結婚や離婚でお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。