占い師が教える幸せになる恋愛論|不倫/浮気/復縁の悩み解消コラム


離婚した方が良いケースもたくさんある

恋愛論 コラムニスト:

C.S.E プロダクション

編集部

こんにちは。

今日は「離婚」についてお話したいと思います。

最近では、離婚は世間ではまったく恥ずかしくないこととなりました。
それだけ離婚率が非常に高くなっている証拠ですね。

離婚の原因と言えば様々ですが、主なものは
「性格の不一致」
「配偶者の浮気・不倫」
「配偶者の暴力」
「子供に関すること」
「経済的なこと」
と言ったあたりでしょうか。



「性格の不一致」は、考え方や価値観が違い、いつも衝突し喧嘩が多くなって離婚に至るといったケースです。
これが原因で別れる夫婦が一番多いのではないでしょうか。

結婚してしまうと、恋人の時とは違ってお互いに気を遣う必要がなくなり、自分の欠点をさらけ出すようになり、また相手に対しても傲慢になってしまいがちです。

また一緒に暮らしてみて、初めて相手の悪いところがいっぱい目立つようになり、どうしても我慢出来なくなり、離婚に至ってしまうというわけです。

そういったことを避けるために、結婚前に同棲するというのも悪くないと思います。

もし一緒に暮らしてみて相手の欠点がどうしても我慢出来ない場合、結婚してないわけですから子供がいる場合を除いては、いつでも簡単に別れることが出来るからです。

一緒に暮らしてみて初めて見えてくることってたくさんありますからね。
ただ数日一緒に過ごすだけでは、相手の本当の生活習慣などは見えないものです。

そういった意味では、同棲なしでいきなり結婚生活を送ることは、とても勇気のいることだと思います。

次に、「配偶者の浮気・不倫」は、配偶者が夫妻以外に肉体関係を持ってしまい離婚することになってしまうパターンですね。

これは、浮気や不倫をした配偶者に責任がありますが、浮気された側が我慢出来なくなって離婚する場合と、浮気した側がどうしても浮気相手と家庭を持ちたいと言い張り、やむを得ず離婚に至る場合があります。

このケースは最も裁判沙汰が多く揉めるケースです。

結婚当時は誰もがこんなケースになりたくないと思っているはずなのに、月日が経つにつれてそれを忘れさせてしまうのかもしれません。

次に、「配偶者の暴力」は、お酒の勢いなどによって配偶者(特に妻)を殴る、蹴るといった行為が続き、身の危険を感じて離婚することですね。

はっきり言いますが、暴力を振るわれるくらいなら、離婚した方がいいと思います。
下手をすれば、子供にも暴力をふるってケガをさせたり、最悪の場合は死に至らしめることだってあるのですから、この場合は迷わず離婚を決意してください。

次に、「子供に関すること」とは、子供のことで意見が食い違ったり、揉めたりで離婚する場合と、逆に子供が出来ないという理由で離婚する場合が考えられます。

前者の場合、子供のことが原因で喧嘩する程度ならまだいいですが、離婚するほど揉めるのは良くないと思います。
自分が原因で離婚に至ったと思った子供がどれほど傷つくかわかりません。

ですから、このパターンの場合は子供のために夫婦ともに自分の主張ばかり通そうとしないことです。
お互いを尊重し、お互いの意見を取り入れてよく話し合ってほしいと思います。

後者の場合は、どちらが原因で子供が出来ないにしろ、この場合もよく話し合ってほしいと思います。
今でしたら、不妊治療も進化していますし、これからも進化が期待出来ます。

子供が欲しい気持ちはよくわかりますが、こればかりは天からの授かりものなのです。
離婚を考える前に、焦らず夫婦でしっかり協力し合ってほしいと思います。


最後に「経済的なこと」とは、家庭内での収入が足りず生活費さえも困る状況に陥って、夫婦一緒に暮らしていけなるパターンです。

このパターンは、夫婦共働きで稼げば苦難を乗り越えることも可能だとは思うのですが、それぞれに事情があって、それが出来ない場合があります。

例えば、夫婦のどちらかが病気で働けなかったり、子供が小さくて働けない、子供が重病を抱えているなどの理由ですね。

このようなことが原因で離婚に至った場合は、双方が嫌いで離婚したわけではないので、離婚後も意外に仲良く付き合っていける場合もあります。

実は、私もこのパターンで離婚した一人です。
私の場合は、夫があることで大きなショックを受けうつ病になり、働けなくなってしまいました。
こんな時に私が夫を支えられていたらよかったのですが、当時の私は非常に精神的に弱く、遠方に嫁いでいたため夫以外に頼れる人もいなくて、私もショックと疲労から倒れ救急車で運ばれてしまいました。

さすがにこんな状況で生活費もろくにない状態で一緒に暮らしていけるはずもなく、やむを得ず離婚を選びました。

さすがに離婚後はしばらくとても辛かったですね。
嫌いで別れたわけではなかったので、夫に対する未練というか気持ちが残っていたからです。
それは夫の方も同じで、お互いどこかで求め合っていました。

そういうわけで、離婚後も夫とはずっと連絡を取り合い、今でも仲良くお互い助け合って生きています。
ですから、決して「離婚」することが悪いとは限らないのです。

離婚後の方がお互いを分かり合え、助け合えることだってあるのです。

結婚していた時よりも、お互いのありがたさを認識し、共に過ごせる時間がとても大事に思えてくるのです。

離婚することはとても勇気のいる行為ですが、思い切って行動した方がお互いのためになることもたくさんあります。

もし、離婚するか迷っている方がおられるのなら、一人で悩まず信用出来る方に相談してほしいと思います。

相談する人がいない場合は、占いを利用されても良いと思いますよ。

離婚は決して恥ずかしい行為ではないことを忘れないでほしいと思います。

カテゴリー:結婚・離婚

幸せも、苦難も…。結婚と離婚の悩みを占い師に電話で相談してみませんか?

現在の結婚生活に満足していますか?夫婦間、親族間で納得のいかない悩みなどありませんでしょうか?

現在の結婚生活に満足していても、小さな悩みは現れては消え、これを繰り返します。

この小さな悩みが数年後大きな火種になる事をわかっていても、放置してしまい結果離婚に繋がるということもあります。

最適な結婚相手、結婚生活の将来、結婚生活の疲れ、離婚の是非、どうやって離婚するかの悩みなど、

電話占いピュアリは依頼者の幸せな人生への第一歩を全面的にサポート!

現在、話題沸騰の人気鑑定士在籍中。

人生のすべてのお悩みを解決いたします!!

≫ 失敗しない未来の相談はこちらから

結婚や離婚でお悩みの人は、この占い師の先生に相談しています。